読書をすると脳の活性化につながり集中力も高まります。

本を読むことのススメ

【読書のすすめ】 脳の活性化

読書を日常的に行うことによって、様々なメリットが期待できます。
まず、一番大きなメリットといえば本を読むことで脳の活性化を期待できるという点です。
テレビでの情報では活字だけでなく、音や映像の情報がプラスされているため、どちらかというと受動的に鑑賞することが多くなりますが、本の場合多くは活字のみの情報で構成されているため、 本を読みながら同時に自分の頭の中で映像を構築していくようなスタイルになります。
そのため、本を読んでいるときは脳の動きがより活性化し、能動的に働いている状態になっています。
読書の習慣を身に着けることによって、脳が定期的にフル回転することになるため、ひらめき力やとっさの判断力などを身に着けることができるようになります。

本を読むことで集中力アップ

さらに、本を読む習慣をつけることによって、集中力がアップする効果も期待できます。
読書の時に選ぶ本は基本的にどんなジャンルのものでも構いませんし、内容の難しさや1冊のページ数なども関係ありません。
とにかくまずは、本を日常的に読む習慣を作って、日ごろから活字に触れることが大切です。
最初は1日数ページしか進まない状態でも、毎日こつこつと続けていくとたくさんのページを集中して読むことができるようになっていきます。
取り掛かりは自分の興味のあるジャンルから初めてみましょう。
最初は特に制限を設ける必要はありませんが、慣れてきたら「5分以上読む」、「何ページまで読む」といったようにその日の目標を決めていくと習慣付けがしやすいです。
慣れてきたら少し難しめの本や今まで読んでこなかったジャンルの本に挑戦してみるのもいいでしょう。

幼いときから本に親しむ

読書の習慣をつけるうえで最も効果的かつ、メリットの多い時期が幼児教育の時期です。
子供のころから本を読む習慣をつけておけば、集中力が鍛えられ、勉強や日常生活でのしつけの面でもプラスに働きます。
はじめのころは親が絵本の読み聞かせをするなど、本に興味を持ってもらうことから始めてみましょう。
自分である程度文字をよめるようになってきたら、親は子供を見守りつつ、自分で本を読むように習慣づけをしていきましょう。
この時重要なポイントは、子供が詠む本にあまり制限をかけないということです。
読む本を強制してしまうと、本を読むことを苦痛に感じてしまったり、義務的に本を読んでしまい本嫌いになってしまいます。

もちろん、修学レベルにあった本を選択することは大切ですが、レベルにあった本の中から自分の好きなものを選んでもらうことが大切です。