本を読むときは姿勢を良くして読みましょう。

本を読むことのススメ

【読書のすすめ】 読書を習慣にしましょう

本を読む行為には大きなメリットがたくさんあります。
その中でも一般的に広く知られているメリットといえば、読解力が身につく点でしょう。
本を楽しむためには物語に入り込む必要があり、物語に出てくる登場人物たちが何故そんな行動をとるのかや、台詞の意味などを理解しなくてはいけません。
伏線が多い推理小説のようなジャンルともなれば、どのシーンに犯人の行動を裏付ける証拠があったかを把握するのも重要になってくるため、文章をしっかりと読み込んで理解する力が自然と身につきます。
読解力は企業に就職した後にも役立つスキルなので、年齢問わず大きな強みになるでしょう。

本を読むことが苦手の人

しかしこんな役立つメリットがあると分かっていても、読書が続かない人が少なからず存在します。
続かない理由の一つとしてあげられるのが、初めから難易度の高い本を選んでしまうことです。
読んだ本の内容は自分の知識となるので読書をビジネスの場で活用したい人ほど、会社や実生活で役立つ書籍を選びがちです。しかし元々本に興味がない人の場合、役立つスキルや教訓が書かれている本を読もうとしても、文字数や難しい文章に苦痛を感じたり、すぐに飽きてしまうことが多々あります。 なので普段から本を読む習慣がない人ほど、本選びは慎重に行ったほうが無難です。
興味がないジャンルは避け、自分が興味を抱くことができるジャンルの本を選ぶのが妥当です。
近頃ではアニメや漫画、ドラマなどを小説化したノベライズも数多く発売されているので、そのあたりの本から手を出していくと、最後まで本を読み切れる確率が上がります。
一冊でも読破すればそれが実績となり、新しい本を読むための原動力に変わります。そうして読破した本を増やしていけば本の内容が身につくようになるため、読書のメリットを実感できるようになるでしょう。

上手に時間を作る

一方で自分の好きなジャンルの本でも読書が続かない場合は、本を読む時間を上手に作れていない可能性があります。
そのような場合は読書を習慣づけることが大切です。
習慣にするには、まず自分の一日のスケジュールの中で空いている時間を探します。
具体的には通勤時に電車やバスといった公共交通機関を利用している人は、その通勤時間を利用するのが妥当です。
続いて習慣づける上で大事なのは、意識して継続させることです。長時間読み続けるのが苦手な人は、毎日10分や5分といった短い時間に区切り、毎日読みつづけるだけでも効果が期待できます。