読書をすると想像力を強化し、思考力を育てます。

本を読むことのススメ

【読書のすすめ】 想像力の強化

読書のメリットは様々あると言われています。
人が文字や言葉を覚えるためには、聞く、読むの行動が必要です。
子供の頃に何か言葉を覚えるためのプロセスは身近な人の言葉を聞き、本を読み聞かせしてもらうことです。

なぜ読書が想像力を育てるのに重要かというと、言葉を覚えることとはその言葉の意味を覚え、良い悪いの感情を知ることにつながるからです。
例えば、痛いと言う言葉を覚えることで、自分の体に何か痛みがあった場合それを的確に伝える術を手に入れることになります。
これは自分が体験してないことについておもんばかる想像力を養うために必要なプロセスです。

思考力を育てる

また、思考力を育てる上でも読書には効果があります。
何冊もの本を読んでいくと、物語の先を推測することが可能になり、それまでの文字情報を元に本の世界観を作り上げていくことで読んでいる本の物語に厚みが増すことになります。
この作業をすることで先を読む力が養われることができます。
その力を生活全般に役立てることで、頭の中で理論立って物事の筋を作り上げることによって、危険を察知したり有益な情報を適切に取り入れたりができるようになります。

読書をすることで、想像力と思考力は同時に伸びることになり、世の中を見るためのより厚みのある認識力が養われます。
このように読むということを捉えると、読むものの情報の大事さとともに読むという行為が人間性を作り上げていることに気づくことになります。

また、本の良いところは実用本やビジネス書以外にも小説などの物語も数多くあり、自分の好みの物語で今まで説明したことを学べることです。

ほとんどの人間が好きではないことは続きません。
しかし本の物語は無数にあるので、自分に興味のあるお話が必ずあります。
そういった本を手に取り、何度も読むことによって押し付けられたわけではない能動的な行為ができるようになります。
好きな本を読めば読むほど、読むのが楽になり、表現の幅も広がっていきます。
そうなると、大体の本が読めるようになり、読むのが楽しくなります。

最終的には、本を読むのが全く苦にならなくなるというのが読書の最大のメリットとなり すぐに結果を求めないでコツコツと自分のペースで進めていく力を養うことにつながっています。

これらのメリットは幼児期以外でもつけていくことができるため、年齢に関係なく行えること、そして年齢に合わせたレベルでの本を選べることが本という媒体の優れたところです。